FX情報(ホーム) > ヒロセ通商 > スプレッド

ヒロセ通商「LION FX」のスプレッド

 ヒロセ通商「LION FX」のスプレッドは、初心者の方はもちろんFXに慣れているデイトレ―ダー達も十分な水準です。
米ドル/円が0.5〜0.6、ユーロ/ドルが0.7、ユーロ/円が0.9と取引の多い通貨ペアは、1銭(ピップス)以下のスプレッドです。

「LION FX」主要通貨ペアのスプレッド

Currency pairs 通貨ペア スプレッド
USD/JPY アメリカドル/日本円 0.5
EUR/JPY ユーロ/日本円 0.9
EUR/USD ユーロ/アメリカドル 0.7
GBP/JPY イギリスポンド/日本円 1.8
AUD/JPY オーストラリアドル/日本円 1.2
NZD/JPY ニュージーランドドル/日本円 1.8
CAD/JPY カナダドル/日本円 2.4
CHF/JPY スイスフラン/日本円 2.4
ZAR/JPY 南アフリカランド/日本円 3〜8
GBP/USD イギリスポンド/アメリカドル 1.5
EUR/GBP ユーロ/イギリスポンド 1.4
USD/CHF アメリカドル/スイスフラン 1.8

※2012年6月14日調査:スプレッドは、市場状況等により変化する可能性があります。

ヒロセ通商のLION FXは、取扱通貨ペアが50種類もありますので、トルコリラ/円や香港ドル/円などの通貨ペアも取引できます。

スプレッドとは?

 スプレッドは、買値と売値の価格差のことで、ビッドレート(あなたが売れる価格)とオファーレート(あなたが買える価格)の差です。
このスプレッドが小さい(狭い)程、買いたい顧客はより安く買うことができ、売りたい顧客はより高く売ることができますので、有利になります。

「LION FX」のドル/円スプレッド

「LION FX」のドル/円スプレッド

FX会社のスプレッドは、ドル/円で「1銭」程度ですが、大手銀行のスプレッドは「2円」です。
これは、FX会社のスプレッド(1銭):80.50(ビッドレート)-80.51(オファーレート)の時に、大手銀行のスプレッド(2円)は、79.55-81.55になるということです。

FX・外貨預金で利益を出すには、買った(売った)価格以上で売らなければいけません。

FX会社だと、80.51で買った後に、ビッドレートの80.50が、1銭上がれば損益がゼロ、それ以上に値上がりすれば利益です。
ところが、大手銀行だと、81.55で買った後に、ビッドレートの79.55が、81.55まで2円上がらないと損益がゼロにならないのです。

スプレッドが小さいということは取引コストが安く、スプレッドが高いということは、取引コストが高いということができます。

※スプレッドは、FX会社・銀行により異なります。

製作者: 株式会社センターサークル 吉田文吾

 

スポンサード リンク

 

page TOP

*